少額訴訟なんでもガイド 

決して泣き寝入りせず裁判へ向かうための手引き書 「TRIAL OF ONE」

困ったときにはこのサイト!少額訴訟の起こし方・勝ち方を紹介!金銭トラブルはこれで解決!

サイトマップ

少額訴訟の費用はどのくらいかかりますか?|少額訴訟ってなに?

少額費用を行う場合には、手数料と切手代の2つの費用がかかります。



手数料は印紙で納入しますが、その額は、訴額によって異なります。

切手代は、原告・被告に対する連絡や判決の郵送ために使用し、だいたい4千円から5千円程度です。

訴状を裁判所に提出する際に、原告は手数料と切手代を一緒に提出しなければなりません。

それらの印紙・切手代は最終的に勝訴した場合には被告の負担とすることが可能です。

その他の費用には以下のものがあります。

@弁護士や司法書士を訴訟代理人としたときに発生する報酬

A本人訴訟の際に、司法書士に訴状などの作成を依頼したときの作成報酬

これらの報酬は、勝訴した場合でも依頼した人が負担することになります。

●印紙手数料一覧表

請求金額 手数料(印紙代)
〜100,000円 1,000円
〜200,000円 2,000円
〜300,000円 3,000円
〜400,000円 4,000円
〜500,000円 5,000円
〜600,000円 6,000円

●東京簡易裁判所における少額訴訟に必要な切手代(被告・原告各一人の場合)

500円切手×7枚=3,500円
 80円切手×3枚=  240円
 20円切手×6枚=  120円
 10円切手×5枚=   50円
   合計=3,910円

訴訟、裁判はあなた一人で起こせます。あなたの手を引くように訴訟へと導く「TRIAL OF ONE」
少額訴訟ってなに?
どんなトラブルでも少額訴訟をすることはできますか?
60万円を超える請求では少額訴訟を利用することはできませんか?
少額訴訟の費用はどのくらいかかりますか?
どんな裁判所で少額訴訟が行われますか?
司法書士に簡易裁判所の代理権が認められました
裁判所には何回行けばいいでしょうか?本当に裁判は1回で終わるのでしょうか?
どこの簡易裁判所でも少額訴訟は行われますか?
少額訴訟にはどんなメリットがあるのでしょうか?
少額訴訟にはどんなデメリットがあるのでしょうか?
相手(被告)の所在が不明な場合に少額訴訟を起こせますか?
少額訴訟の準備のしかた
訴状の提出から口頭弁論期日まで
少額訴訟裁判当日の戦い方
ケーススタディで学ぶ少額訴訟
少額訴訟必勝の掟・・・こうすれば有利に進められる
もしもあなたが被告になってしまったら
判決の出た後はどうなるか
ママ友のトラブル、主婦の嫁姑問題、幼稚園や保育園、ご近所や隣人、家庭内などの人間関係でお悩みのアナタへ送る、実際に対人関係を改善した私の人生の対処法アドバイスマガジン!‐【WifeLife】
リンク集
バイアグラを超えるハイパワー強壮剤 【信長】 ※レビュー有り
パラダイムシフト -EURUSD-  24時間稼動タイプのスキャルEAで、レンジ相場やトレンド相場といった どんな相場にも対応するFX理論、平均回帰理論を元に製作されたEAです。
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
nz 金利











少額訴訟なんでもガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。